霊園経営から生まれた石材店。霊園・墓石の事なら大阪の浪石(なみせき)におまかせ下さい。


良いお墓づくりの浪石
HOME > お墓の移転、引っ越し、改葬

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


フリーダイヤル  0120-86-1194 
営業時間 9:00~18:00(水曜休)

LinkIcon資料請求・お問い合せ

このよう事でお悩みの方は、改葬を検討してみては?

  • 故郷から遠く離れて住んでいる。あるいはこれから遠い地に移り住むので、住むところの近くに新しくお墓を建て、親や先祖をおまつりしたい。
  • 自分の代で承継者が絶えるので親族の墓に合祀したい。あるいは永代供養墓にて新たに供養したい。
  • 次男なので独立してお墓を建てたい。実家のお墓に埋葬されている両親の遺骨を分骨して新しいお墓に埋葬したい。
  • 一人っ子同士の夫婦なので両家墓にしたい。互いの両親の遺骨をそこに移したい。
  • 菩提寺の檀家を事情があってやめることになった。お墓を宗旨不問の墓地に移したい。

改葬とはお墓を移転することを言います。お墓や遺骨は墓地あるいは納骨堂として許可されている場所であれば、法律上はどこへ移転してもかまいません。ただし、改葬するには、移転先は無論のこと、いまお墓がある墓地管理者からも許可を得る必要があります。いまのお墓が菩提寺にある場合には、菩提寺との関係に十分気を配りながら、円滑に勧める必要があります。

①まず、すべき事

菩提寺や親族への事前の相談

大切なことは改葬先を決める前に菩提寺に相談することです。先ずは日頃のご無沙汰をお詫びし、これまで法事などでお世話になった事への感謝の意を述べた上で、改葬の理由を述べるのが礼儀です。お寺から離檀料を求められる場合があります。法事などでこれまでお世話になったお寺ですから、自分の出来る範囲で礼を尽くすのが良いでしょう。また檀家の中に付近に住む親族が居る場合は、その後のつきあいのこともありますから、必ず親族とも事前に相談しましょう。

②改葬の手順

  1. これまでの墓地の管理者に改葬を願い出て、承諾を得る。
  2. 改葬先の墓地を確保し、お墓を建てる。あるいは納骨堂を確保する。
  3. 改葬先の墓地管理者に「受入証明書」を発行してもらう。
  4. これまでの墓地のある市区町村役場で「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」(納骨堂の場合は「収蔵証明書」、土葬の場合には「埋蔵証明書」)など、改葬に必要な書類をもらう。
  5. 「改葬許可申請書」に所定事項を記入し、これまでの墓地管理者に「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」の所定事項に記入・押印してもらう。
  6. 「改葬許可申請書」「埋葬証明書」に「受入証明書」を添えて、これまでの市区町村役所に提出して、「改葬許可証」を発行してもらう。
  7. これまでの墓地で閉眼法要(御霊抜き)を行い、遺骨を取り出す。墓地は更地にして墓地管理者に返還する。
  8. 改葬先の墓地管理者へ「改葬許可証」を提出する。
  9. 改葬先の墓地で開眼法要(御霊入れ)と納骨式を行う。

③改葬にかかる費用

閉眼・開眼法要、納骨式などのお寺へのお布施
 一般的にはそれぞれ3~5万円必要ですが、地域によって相場が異なりますので、
 その地域の石材店にお尋ね下さい。
これまでの墓地から遺骨を取り出して更地に戻す費用
 これは石材店に支払います。1平方メートルあたり、10万円~12万円程度。
改葬先に遺骨を納骨する費用
 納骨式進行役の業者に支払います。2~3万円程度。

※別途、役所への事務手数料が書類1通あたり数百円必要です。